HMもーもーさん

HR・HMなどの曲やCDなどの記事を週末を中心に投稿します。

Peace Sells... But Who's Buying?/MEGADETH

メガデスで一番おすすめの名盤

"Peace Sells... But Who's Buying?"は、メガデスが1886年に発表した2ndアルバムでバンドの代表作ともいえる傑作・名盤です。

キャピタルレコード契約後の初のメジャー・デビュー作となりましたが、アメリカのBillboard 200では最高76位のチャートインを果たしました。

メガデスは一般的にスラッシュ・メタルのカテゴリーで認識されていますが、彼らの音楽は他の代表的なスラッシュ・メタルバンド(スレイヤー・アンスラックス・初期のメタリカ等)とはまったく異なります。

彼らが”インテレクチュアル・スラッシュメタル”と評価される所以は、このアルバムを聴けばすぐに分かります。

曲はただスピードがある・リフが鋭く早い…だけでなく、その構成は複雑に練られメリハリがはっきりしており、何度聴いても飽きることはありません。

ギターの音は鋭く研ぎ澄まされ、高度でテクニカル・かっこいいリフが「これでもか」というぐらい盛り込まれています。

ギター・ベース・ツーバス連打のドラムが一体となってユニゾンとなる部分は、聴いていて体の奥底まで響き渡りゾクゾクするような感覚になります。