HMもーもーさん

HR・HMなどの曲やCDなどの記事を週末を中心に投稿します。

THE GOD MACHINE/BLIND GUARDIAN

2022年9月に全世界同時リリースとなった、ブラインド・ガーディアン通算11作目のスタジオ・アルバムです。

ファンタジーの世界を描きながらのメロディアスでドイツ出身らしい重厚なスピード・パワーとメタルというのが、本来のブラインド・ガーディアンの楽曲の魅力。

しかしながら、ここ数年の彼らの楽曲はオーケストレーションを多用した大作の指向したため、従来のパワー・スピード感が後退してしまっていたようです。

本アルバムでは、これまでの音楽性の進化を踏まえつつも従来ありスピードとヘヴィさを取り戻し、初期の全盛期を彷彿させる作品に仕上がっています。

メディアのインタビューで、ヴォーカルのハンズィ・キャッシュは「ここ数作のアルバムの中で少々おろそかにしていた確かなものを取り戻した」と語っていました。

初期の作品と比べて、ボーカルのメロディやギターのリフ・曲の展開などの表現力が格段に増しています。

アルバム全体を通して聴いた中では、"Imaginations From The Other Side"のような強いインパクトはあまりありませんが、何度も聴いているとその良さが少しずつわかる感じです。

作品を聴き込むのに多少時間が必要です。